通販でアフターピルをみんなが買う理由

アフターピルを通販で購入するメリット
法律を守り正規ルートでアフターピルを入手する方法は、基本的に病院へ行き処方してもらうか、通販で購入するかの2択になります。

 

それでは、みんなが通販を使って購入するのか、通販でアフターピルを購入するメリットをまとめました。

 

①病院へ行かずにアフターピルを購入する事が出来る。
病院でアフターピルを処方して貰う場合、医師による処方せんが必要になります。

 

処方せんを出す為には、患者に対してアフターピルが必要な状態かどうかを医師が確認しなければなりませんので、必ず来院して診察が必要となります。

 

通販は処方せん不要で、アフターピルを購入する事が可能です。

 

②アフターピルを常備用として購入する事が出来る。
本来、アフターピルの避妊効果を最大限引き出す為には、避妊したいセックスの直後に服用する事です。アフターピルは、既に妊娠してしまった場合には効果はありません。

 

病院では、医師の診断でアフターピルの処方が必要と判断された場合、その場で使用する1回分だけを処方してくれます。常備用として処方はしてくれませんので、アフターピルが必要になった時は、病院にその都度通わなくてはいけません。

 

現実問題、普通の生活をしていたら、避妊をしたいセックスの後、毎回直ぐに病院へ行けるとは限れませんし、避妊したいセックスの行為直後から病院へ行くまでの時間が経過すればするほど、アフターピルの避妊効果はどんどん低下してしまいます。

 

・仕事が忙しく、病院の開いている時間に間に合わない。
・旅行中の場合、時間を割いて旅先で病院を探さなければならない。

 

通販では常備用として、アフターピルを購入する事が出来るので、避妊効果を最大限引き出した状態で使用する事が出来ます。

 

また、まれに起こる、アフターピル服用後、体に吸収される前に嘔吐してお薬を吐き出してしまった場合は、新たにアフターピルを服用する必要があります。その時の為にも、複数常備される方が多くいます。

 

アフターピルを常備すれば、コンドームが破けてしまった時等、予想外の避妊失敗にも直ぐに対応可能です。

 

③アフターピルを低価格で購入出来る。
国内の産婦人科でアフターピルを処方して頂く場合、診察処方でかかる料金は約13,000円~15,000円程度と言われております。

 

保険適用外になる上に、高額になってしまいます。常備用の処方が出来ない為、その都度約13,000円~15,000円程度の費用がかかります。

 

通販を使って、病院で処方されるお薬と同効果のアフターピル(アイピル)を購入した場合、1回分あたりの価格は【810円~1,213円】程度で購入可能です。

 

④誰にも知られずに、アフターピルを購入する事が出来る。
病院を受診した場合、アフターピル処方の記録が残ります。

 

通販でアフターピルを購入した場合、プライバシーを厳守してくれる業者を選べば、誰にも知られずに購入出来ます。

 

・荷物に商品名の記載なし(見た目では、中身が何かわからない)
こういった商品を購入する場合、箱を開けなければ中身が何かわからないように、商品名を記載せずに送ってくれるので安心です。

 

・荷物の郵便局留めを利用すれば、自宅で荷物を受け取る必要がない。
家族がいる等の理由で、自宅で荷物を受け取りたくない場合は、お好きな郵便局を指定し、荷物が届いた後に指定した郵便局へ荷物を受け取りに行く事も可能です。

 

※郵便局留め希望の場合は、お届け先住所に希望先郵便局の住所と郵便局名を記入する事で利用可能です。但し、受取の際に本人確認が取れる物が必要となります。

 

・クレジット決済を利用しても、購入した商品名は利用明細には残らない。
安心して利用出来る通販サイトは、クレジット決済が付いています。プライバシーを厳守している通販サイトは、クレジットカードで購入してもクレジットカードの利用明細に商品名が残らないように配慮されている為、安心して利用可能です。

 

※通販でアフターピルを購入する時の注意点。
アフターピルを販売している通販サイトは、基本的に商品代金の先払いが当たり前の為、料金の後払いや商品代引き等、ほとんどの場合対応していません。

 

その為、料金の支払い手続きを終わらせないと商品が送られてきません。

 

入金確認後に即日発送されるので、クレジット決済は最短で支払の確認が取れるので大変便利です。また、クレジットカードをお持ちでない場合、銀行振込でも銀行の営業時間外振込の確認が取れれば、即日発送可能です。

 

⑤アフターピルを通販で購入するメリットまとめ
上記の事からも、通販サイトを使ってアフターピルを購入される方が増えています。

 

自分が気をつけていても相手がいるものですから、避妊失敗のリスクはセックスをする場合に必ずついてきます。

 

レイプなどが多い海外では、自己防衛の為にアフターピルを常備する事は当たり前なので、今の日本では危機意識が薄いのでしょう。

 

今は必要ないからと、事前に準備をしておかないと、いざ必要になった時に本当に困るのは自分自身です。だって、お相手の男性にとっては自分の体に起こっている訳ではありませんから…。

 

今すぐアフターピルが必要!と困ってこのサイトに辿り着いている方も、大勢いると思います。同じ失敗を繰り返して後悔しない為、自己防衛の為にも、お守り代わりに常備している方が大変増えています。

 

アフターピルの消費期限も1年~2年程度はもちますので、通販で購入する事は、お財布にも体にも優しい事なのです。

 

アフターピルTOPへ

安全な通販サイトの選び方

通販サイトを使うにあたって、注意しなければいけない点があります。

 

偽物や正規品以外の薬を届けたり、支払いをしても荷物が届かないような、悪質な通販サイトも存在します。それでは、どうやって見分ければ良いのでしょうか。

 

・法令を遵守しているサイト
当たり前の事ですが、法律を守って運営しているサイトを選びましょう。悪質な通販サイトは法律違反をしているサイトが多いです。

 

・クレジットカードで決済が出来る通販サイト
クレジット会社と契約するには契約する運営会社に信用が必要です。クレジット会社と提携しているサイトを選びましょう。

 

・正規品を扱っているサイト
病院でも扱っている、メーカー正規品を販売しているサイトを選びましょう。体に使う
お薬なので、とても大切な事です。

 

・その他
プライバシー厳守、電話窓口が有る、価格が安い、即日発送をしてくれるなど、使い勝手の良い通販サイトのほうが、信頼できるサイトが多いです。

 

アフターピルTOPへ